【れんこんの特徴】


れんこんは、太陽と土が育てる強い生命力の持ち主です。

タンニン(ポリフェノール)

れんこんが変色するのはポリフェノールの一種であるタンニンによるものです。
タンニンは抗酸化作用があり炎症を抑えたり血圧を下げる働きがあると言われます。

ムチン

糸をひくのはムチンというぬめり成分です。
ムチンは胃腸の粘膜を強くする作用があると言われています。
またムチンには肝臓や腎臓の機能を向上させる働き、花粉症などアレルギー症状を抑えるという働きもあります。

カリウム

多く含まれるカリウムは塩分の排出を助け血圧の上昇を抑える働きがあります。

ビタミンC

ビタミンCも多く含まれ加熱しても壊れにくいので免疫力を高め、風邪の予防や疲労回復、老化防止、ガン予防、美肌効果が期待されます。

食物繊維

食物繊維も豊富で腸内環境を整えます。

【れんこんの保存方法】

れんこんは生ものですので、できるだけお早めにお使いください。
でも、なかなか一回で使い切らないことも多いのでは…?
そこで美味しさを長持ちさせるための、れんこん保存方法をご紹介します。